読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き瓶

思ったことや自作小説について

「ゴシカ」 第 2 章 第 3 部分の憶え書き

21 日に 「ゴシカ」 第 2 章 第 3 部分を公開したので, 忘れないうちにその憶え書きを:

  • 事実上ギーゼラが出てこず, ストーリーに進展の無い繋ぎ回になってしまったが, 自分としてはかなり満足できる内容になったと思っている. 作中世界の尋常ならざる雰囲気を精確に書けたつもりだ
  • 表記を変えた: 句点を半角ピリオド (+ 半角スペース) にする, 英数字の前後に半角スペースを入れる, etc.. 現状で自分にとって考えられる限り最も厳格 [ストリクト] なスペーシング・ルールだ. ほかの部分もこれで統一した *1
  • 色々な固有名詞が出てきた. CS9907, ルーリンク構築, 信号の朝 (S. S.: シグナル・スクリプト), リアル, …… 辺りは, いずれまた登場すると思う. (特にリアルは象徴的な意味を持っているが, 再登場はずっと先となりそう)
  • 巨大嬰児の問いが気に入っている. ギーゼラの特性を端的に表わす回答をうまく書けた
  • nogamina 概念が一番のお気に入り. ところで, この "企図の片鱗も無く ~" の段落は, S. S. についての説明がなにも無い現状では, 飛びきり意味不明だと思う
  • リアルの段落中の一文: "この絶望的な包囲網に, 新品のパンの正しい持ち方を見てほしい" はかなり悩んだ. 「包囲網に ~ 見られるであろうか」 「包囲網は ~ 正しく持てるであろうか」 など散々 [いじ] ったが, 彼らに設定した水準では疑問形は割りに合わない, 要望ぐらいしても (彼らならば) 赦される, ―― そう考えて今の形にした
  • また, 上文中の "絶望的な包囲網" は, 「突破が絶望的な包囲網であること」 を表すとどうじに, 「包囲網自体が絶望的な立ち位置にあること」 も暗示する

*1:ただし あらすじは, 上限文字数のために句読点を全角ピリオド / 全角カンマで代用している