読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き瓶

思ったことや自作小説について

「ゴシカ」 に性愛性は無い

ゴシカ」 では, いかなる性的要素も混入させないように気を付けているつもりだ. 「いいや. 口でそういったところで, ○○ は潜在意識が性器のメタファーとして現れたものだ」 とかいわれたら どうしようも無いが ……, 少なくとも, 意識して性的なメッセージを織りこむことは無い. もしエロティックに解釈できる場面があったとしても, こちらにその意図はまったく無い.

肌と肌との触れあいは, ずぶずぶと連続的に性愛へと繋がってしまう と考えているので, スキンシップも, 明白に清廉であるときを除いて禁じられるべきだ. これもあり, 作中で登場人物たちが親し気にスキンシップを交わすことは, 原則的に無いだろう.

最近思うには, ゴシカは全てが必然的に進行するものとして書きたい. 現実世界も, 遡れば なにもかも物理法則へ還元できるのだろうが, 生活的な実感として, この現実世界を是認したくはないから. もっと人間寄りの近しい必然性にこの作品を貫通させたい ……, そう思っている. そして, 作中でスキンシップが出てこないのは, 正確には (性愛を排除したいからというより), そうした必然性のひとつの結果だ.

広告を非表示にする